出会い掲示板を新しい出会いに利用しよう!【coloncleanseremedy】

出会い掲示板を新しい出会い生活に利用しよう【coloncleanseremedy】

出会い掲示板を利用していれば、自然に色々な人と触れあえるのでコミュニケーションツールとして活用できます。実際の出会いにもつなげることが出来るでしょう。

LINEの友達とスタンプ

A baby African elephant eats under the protection of its mother. AfricaLINEで重要なポイントとなるのは、友達とスタンプではないでしょうか。

まず、友達ですが、この場合、普通の友達関係を指しているのではありません。
LINEでは、コミュニケーションを取るための相手として登録するのが友達です。
友達登録がされていると、簡単に連絡を取り合うことができます。

もちろん、特別親しい相手ではなくても、登録すれば良いだけですから、何度かやり取りをしているうちに、相手からの連絡が嫌になる場合もあるでしょう。

例えば、女性で、知り合いの男性にIDを教えてしまい、友達になったけれども、何かと連絡が来て困っている、彼からの連絡は、もう欲しくはない…そんなときには、ブロック機能があります。
ブロックしてしまえば、相手からの連絡は来なくなるというわけです。

LINEでは友達だけれど、その他の個人情報は全く知らない、というような相手の場合、ブロックしてしまえば、それ以上、関わりがなくなります。

また、友達の間でやり取りをするのに、よく使われるのがスタンプです。
LINEではメールのように文字を送ったり、絵文字を送信したりすることもできますが、LINE独特のサービスとして、スタンプが人気になっています。

スタンプは無料のものもありますが、人気のスタンプの場合は有料のこともあります。
また、種類も多く、色々なキャラクターのスタンプもあるため、スタンプ集めにはまってしまうような場合も多いようです。

LINEでブロックされた場合

Toji Temple Glowing at EveningLINEには大変便利なブロックする機能があります。
この機能を利用すれば、もうこれ以上は連絡を取り合いたくない、という相手に対してブロックしてしまえば、連絡が取れなくなります。

何となくIDを交換したけれど相手の男性がしつこい、LINEで連絡を取る分には楽しい相手だったのだけど、最近、干渉がうるさくて返信が面倒になった、そういう相手の場合はブロックすれば連絡が切れるので簡単です。

相手の方も、すぐにはブロックされたのかどうかはわからないかもしれませんが、連絡が取れなくなれば、そのうち自分がブロックされたことがわかるはずです。

そういったときに、無理にブロックした相手と連絡を取ろうとするのではなく、面倒だから、もしくは、もうこれ以上連絡を取り合うのが嫌になったのだからと理解して、それ以上は、その相手との連絡に執着しない方が良いでしょう。

自分と連絡を取りたくない相手に固執するのは時間の無駄です。
LINEでコミュニケーションを取るのは、お互いに連絡を取り合いたいときだけ、と割り切って考えてしまえば、「なぜ、ブロックされてしまったのだろう?」と悩むこともなくなるはずです。
むしろ、それより、楽しくLINEの利用を続けるためには、他の友達との親交を深める方が良いのではないでしょうか。

LINEで人気といえばスタンプ機能

Medical Team Transporting Patient to HelicopterLINEの機能の中でも、なんといっても人気が高いのはスタンプの機能ではないでしょうか。

ただの絵文字だけではなく、可愛いスタンプ機能が利用できるのは大変便利ですし、色々なスタンプを利用するのは楽しいですよね。

特に、女性の間で、スタンプの利用が人気になっているようです。
それ程、親しくない女性にでも、上手にスタンプを利用すると、一気に親しくなるということも考えられるのです。

男性の場合、スタンプなどを利用するのは…という人もいるかもしれませんが、女性が相手の場合、上手にスタンプを利用すると良いでしょう。

ただ、一度、使ったスタンプが好評だったからと言って、いつも同じスタンプばかり多用していると、逆に嫌がられてしまうこともあるかもしれません。
ですから、スタンプの使い過ぎには注意が必要です。

いつも、スタンプばかり多用していると、スタンプの効果が期待できなくなってしまうこともあるかもしれませんが、たまに上手に使うことで、とても好感度がUPするような場合もあるようです。

女性に人気のあるスタンプを使うことで、これまでどちらかというと「無愛想な人?」なんて思われていた男性でも、「あの人って意外と面白いよね」なんていう反応に変わるかもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ